Monthly archives: 6月, 2009

新潟県模型展示会

ブログをご覧いただいているみなさま、おはようございます。
ただいまの新潟市中央区、気温25℃、天気は曇り。
久しぶりの梅雨らしいお天気ですね。
ワタクシ、6月21日に開催された「新潟県模型展示会」にあのお二人が参加されると聞き、行ってまいりました!
あのお二人とは・・・
>>スクールバスの模型その1<<
>>スクールバスの模型その2<<
>>スクールバスの模型その3<<
>>模型電動士さまのHP<<
当日はもう夏のお天気。
会場へ向かう途中。

水の流れる音の心地いいこと。

夏に気持ちのいい小路です。

会場はこちらりゅーとぴあ。
オシャレなデザインがステキな新潟市の建物。

なんと屋上は空中庭園。
遠くにサッカー場、ビッグスワンが見えます。
さて、会場はどこかな?と周りを見渡すと、案内板を見つけるよりも先に、
大きな1眼レフを下げて階段を上がっていく人々を発見。
よし、きっとあそこだ!※ロックオン※

おおあたり~~~∩(´∀`)∩ ワッショイ♪
会場は大勢の方がいらっしゃいました。
ここにきて、顔もわからないSHUN1/24さまと模型電動士さまを探すのに
途方に暮れる。(アタリマエ)
とりあえず、ブログでご紹介していた模型を発見し、初めて見る実物に感動してみる・・・。
ちっちぇ~~~ヽ(゚Д゚;)ノ!!
画像では何度も見たものの、あの精巧さで、この小ささなの?!
とへばりついていると・・・
「ご説明しましょうか?」と優しい声。
おぉ、あなたさまが・・・。
「どうも初めまして~~(*・ω・*)。水沢と申します~!」
「あ、関屋自動車学校の。SHUN1/24です。お世話になりまして・・・」
いえいえ、お世話になっているのはうちのブログでございます。
とそこへいらっしゃったもう一人の方は模型電動士さま。
「は、初めまして~~(*・ω・*)」
「おぉ水沢さん?どうも初めまして^^模型電動士です・・・」
と初対面を果たしたのでした。
お二人とも優しげな大人の表面とはウラハラに、
模型にかける情熱はアツい方でした。
少年のような大人とはこのような方々を指すのですねぇ・・。
素晴らしいカメラをお持ちのファンの皆さまの中、
愛機のデジカメでお二人の作品をちょびっと撮ってきました。

こちらはSHUN1/24さまの作品。
家族そろってパジェロな風景です。

ラジコンまでパジェロな細かい作りこみがたまりません。
SHUN1/24さまは人間と車の風景を作るのがお好きなそうです。
おかげさまで、自動車学校のスクールバスという変わった題材を
選らんでいただいた訳ですね。

こちらはあの>>新那温泉<<につかっていたアレですね(笑)
ビーグル犬仕様。スヌーピーですね。
そしてこちらはひときわ目を引いた模型電動士さまのポルシェ。

他の模型に比べて大きな作品で、サスペンションまで入ってます。
実物の新車に負けないつやつや感!!
本当にキレイでした。
ポルシェ好きなセレブのお部屋の一番いい場所に飾ってありそう・・・。

そしてこちらは「痛車」イタシャ。

実車であるんですよー。(写真で見たことあるだけですけど)
デカール(シール)貼るのに苦労されたそうです。
こちらは我らが関屋自動車学校車の面々。

実物に会えて感動しました。
大変楽しい一日でございました^^


スラムドッグ$ミリオネア

やっと見れた~・・・
見たくて見たくてしょうがなかった映画『スラムドッグ$ミリオネア』
すばらしさは言うまでもないですね。
なんせアカデミー賞8部門受賞、世界が大絶賛した映画ですからね。
でも、だから言うわけではありません。
賞をたくさん取っていようがいまいが、
この映画はホントにすばらしい。
・・・私はそう思いました。
舞台はインド。
ある青年が、国民的人気クイズ番組「$ミリオネア」に出場します。
ここまで全問正解。
残りあと一問となったところで、警察に連行されてしまいます。
「スラム育ちの野良犬(スラムドッグ)が、全問正解するのはおかしい」という、詐欺容疑
です。
なぜ青年は難問に正解することができたのか。
そもそもなぜ「$ミリオネア」に出場したのか。
残りの一問に答えることができるのか。
私はインドをあまりにも知らなすぎました。
この映画の原作「ぼくと1ルピーの神様」を書いたのが、インドの現役外交官だと聞いて
驚きました。
自国の闇の部分を、ここまで赤裸々に書けるなんて・・・(原作は映画よりももっとすごい
らしいです。)
残りあと2問になったとき、青年はある決断を迫られます。
その選択は、私の考えとまったく逆のものでした。
スラム街で育って、強くしたたかに生きてきたから選べたこと。
私のように、ぬくぬく生きてきた甘ちゃんには選べなかった。
アカデミー賞を取っているから見て欲しいのではありません。
ひとつの映画として、本当に見る価値のある映画だと思います。
ぜひぜひご覧になってください。


山形遠征のぶらり旅

どーもサイヒデです。
前回、ソレイユミニロード第1戦のレポートをお送りしましたが、そのときにあった出来事を紹介します。
山形県庄内町にある『カートソレイユ最上川』・・・山は鳥海山、川は最上川と自然あふれる良いところです。
そして、最近では映画『おくり人』のロケ地になった酒田市がすぐ近くです。サイヒデは宿に行く前、寄り道をしました。

読めましたか?余目(あまるめ)と読みます。名前の由来は伝説がありまして、何かが…そこの土地に目玉を落とした場所とされたことからついた名前のようです。(詳しくは五十嵐めぐみ指導員まで)
駅の構内には広末涼子のサインがあるらしい・・・(見なかった)
そして、酒田市へ・・・
ここは、酒田夢の倶楽(さかたゆめのくら)というところ。
元は何とか倉庫という場所ででそこにミュージアムやお土産屋をつくったようです。(詳しくは五十嵐めぐみ指導員まで)
館内には庄内地方のお土産が多数販売されておりました。

そして、宿に到着!素泊まり¥1900という破格な金額につられて選んだのですが、日帰り温泉の2階に宿泊施設を設けたものらしいのですが・・・3畳くらいの部屋に布団と机のみ、しかも天井が隣の部屋とつながっている。
あまりにも寂しいので近所をぶらぶらしてみるとラーメン屋が数件並んでいる。
山形で有名なラーメン屋といえば辛みそラーメン『龍上海』
横浜のラーメン博物館に出店するほどの有名店でしたが、ご存知でした???
新潟では『ちゃーしゅー屋OO』が似たようなラーメンを出しておりますが、味は『龍上海』とは全く別ものです。
酒田ラーメンといえば『ケンチャンラーメン』『満月』『新月』が有名なのですが、今回は減量中のため断念の予定が・・・

炙り屋ジョニーに誘われて、つい店に入ってしまいました・・・
そして店内にはなぜか巨大な自由の女神が・・・
夜7時ころ、まあまあの客入り状態。
平田ラーメンを頼む。『ケンチャンラーメン』系でしたが、サイヒデはあまり好みではありませんでした。

後で知ったのですが、この炙り屋ジョニー『白龍』はテレビで紹介されるほどの有名店だったらしいです。
そして、レース終了後、新潟へ帰る前に以前から行きたかったお店へ・・・
鶴岡で有名なのは『鈴木そば』ですが、今回は・・・
あのラーメンの鬼『佐野実』さんの弟子が営んでいる『千石や』へ

¥1000のラーメン
かなり素材にこだわって作っているらしいのですが、ほんと、シンプルな『しなそば』でした。
一口・一口味わって食べる。
どちらかというとマニアや年配の方が好む味で、何も考えないで食べる人は普通のラーメンと答えるでしょう。
うまい!ではなく、おいしい!というイメージ。チャーシュー・メンマ・自家製麺などなど・・・1つ1つのパーツが丁寧に作られており、それぞれ強いインパクトはないけれどきれいにまとまった味。バランスがよく、上品なかんじでした。これは毎日食べれる味だと思いました。
また、カートソレイユ遠征の帰りに行きます。


インサイト②

さて、このインサイト
ハイブリッドだ 燃費がいいとか いろいろありますが、
その中にちょっぴりおもしろいものが運転席についています。

どうやらアクセルの踏み方でスピードメーターの色が変わります。
青から緑に変わっていきます。
あとアクセルを踏みすぎると、なんかバーがにゅいーんと伸びます。
ついでにブレーキが強すぎても反対方向ににゅいーんと伸びます。
エコ運転じゃないよ!って教えてくれるみたい・・・
あっ ちょっとおもしろいかも・・・
続く・・・


続き・・・

さて、一週はさみまして前回の続きです。
この前のブログで、我々がカープファンということは、わかって頂けたかと思いますときめき
そして、とうとうHARD OFF ECOスタジアム新潟にカープがやってきます。しかも、公式戦ですね。リアルな試合が観れると思います。
ぜひ、カープには頑張っていただいて勝利チーム第一号やホームラン第一号等を記録に残してほしいところですねグッド
我々も、応援に行きたかったのですが仕事で行けません・・・ショック
行かれる皆さんは、勝ち負けは別としてプロの試合をしっかりと目に焼き付けてきてください。
で、話は変わりますがカープのマスコットってみんな知ってますか!?
今は、スラィリーが有名かもしれませんが、カープのマスコットと言えばこれしかないでしょう・・・

しっていますか!?
名前は、カープ坊やと言います。そして、最近では・・・

カープ女の子(コレ、本当の名前ね!!)もできました。カープの愛すべきマスコットです。
特に、カープ坊やはカープの初優勝も見てきているわけです。
最後に、カープも今はAクラスを狙えるところにいます。このまま行けばクライマックスシリーズも狙えるでしょう。
ぜひ、この調子で頑張ってほしいと思います。 終わり。