Monthly archives: 8月, 2015

北海道ツーリング2015 ⑧

どーも、サイヒデです。

北海道ツーリングもいよいよ終盤

今日は北海道4日目の宿…そう、北海道では最後の宿である。

日本一農業が盛んの地と言われている十勝平野

その中でも士幌地方のジャガイモは日本一うまいらしい。

走れど走れど見渡す限りジャガイモ畑である。

今回は豪勢な夕飯を今回は残さず食べたいリベンジ宿。

4年ぶりの宿である。

そしてその時が来た。

メインはカニのフルコースと十勝和牛A4のステーキ

パッと見た感じでは食べれそうだが、この後どんどん追加が来る

のを私は知っている。期待と不安が脳裏をよぎる・・・

『乾杯~!!!』

ついに4年越しのリベンジ開始の時である。

当然であるが、北海道名だけにビールはサッポロビールである。

アスパラ天ぷら、蟹の刺身、雲丹の軍艦巻き、甘い!激ウマ!

そしてメインの蟹は山盛で食っても食っても減らない。

4年前、蟹が食いきれず残したこと、しばらく蟹を見たくなく

なったことを思い出す。

と、ここで十勝町民用ワイン登場。おいしいワインである。

腹がふくれてきたところで蟹チャーハンが登場!

うまい!うまい!もうまんぷくやー。

皆の限界が近いため目つきが怪しい。はい、隠します。

腹がはちきれそうになってきたので、オーナーと食について語る。

羽田指導員『ここの蟹、臭くないのはなぜですか?普通、蟹をむくと

手が蟹臭くなるのに全然臭くならない、ほんのり蟹臭いだけ』

オーナー『ふー…なぜならば、蟹の鮮度がいいんです。蟹は鮮度が

いいと臭わないもんなんです。私蟹屋ですから。』

成瀬指導員『豚丼のタレのレシピ教えてください』

オーナー『ふー。私は何も隠しませんので正直に答えます。

○○を○○して1週間以上寝かします。熟成させないものはお客さん

には出しません。』

そして、デザートのアサヒメロンが登場!

一 同『…うまい!このメロン甘いしぜんぜんメロン臭くないよ!』

オーナー『ふー…なぜならば…スーパーで売っているものは

せいぜい糖度12度程、夕張メロンでさえ糖度14度程。今食べた

アサヒメロンは糖度16度以上です。7月に入る島田農園さんの

メロンは糖度17度以上です。』

食後はオーナーのこだわりソフトクリーム

サイヒデ『ここのソフトクリームは全然溶けないですね』

オーナー『ふー…なぜならば・・・普通のソフトクリームは

乳脂肪分が5%程で残りは植物性でつくる。だからすぐにダラダラ

ととけてしまう。うちのは乳脂肪分が20パーセント近くまである

ため濃厚で溶けにくい。このソフトクリームを作るため、高級車1台

買える機材を買いました。でも、ペンションだからたくさん売れない

ので大赤字です。』と、いう理由だそうだ。

たらふく食って、いろんなうんちく聞けて楽しかった。

そしてリベンジの蟹は羽田指導員の頑張りもあり

見事完食!!!羽田指導員ありがとう!!!

部屋に戻ると限界まで蟹を食べた羽田指導員は

2段ベッドの2階にたどり着くことができず、

倒れこむように深い眠りについておりました。

明日で北海道最後の日。

まだまだ旅を続けたい。

そんな思いの中、連日の早起きで疲れ切ったおやじ

達は、深い眠りにつくのであった。

 


ワタクシの繁忙期の癒やし

ブログをご覧の皆さま、こんにちは^^

本日も火曜日、水沢でございます。

嘘です。水曜日でした(汗)
台風一過、皆様の地域はご無事でしたでしょうか。

ワタクシ、ツイッターなるものを使っております。

好きな人のつぶやきを集めて読んでいるわけなのですが。
最近の癒やしは
「ウチヤマユウジ」さんの「週刊コタロー」。
「目覚ましテレビ」でやってる「紙兎ロペ」の
原作者(という表現があっているのかどうか)
であるウチヤマユウジさんの
「野良スコ」
本編の新作を待ちつつ、このかわいらしくもほのぼのした
ワンシーンに、週イチで癒やされております。

ウチヤマユウジさんツイッター

そういえば、野良スコDVD発売されたんだった!!
買わなくては!!

北海道ツーリング2015 ⑦

どーも、サイヒデです。
北海道ツーリング4日目
裏摩周湖を出発し、次なる目的地
『神の子池』を目指す!
ここは脇道の林道を2キロくらい進んだところにある。

神の子池到着。サイヒデと若林指導員は4年ぶりである。
そして、再びこの美しい池に魅了される。

んー美しい。
あー神の子池、あなたはなぜそんなに美しいの?
と、一同この美しい池に感動。

またまた北海道の大自然を満喫することができた。

神の子池を出発すると雲行きが怪しくなってくる。
雨雲レーダー見ると阿寒湖方面がゲリラ豪雨っぽい。
カッパを着込み阿寒湖へ向かう。
土砂降りである。
しかし、阿寒湖を抜けると快晴である。

次なる目的地は『オンネトー』
アイヌ語で年老いた沼の意味らしい。
硫黄のにおいがあちらこちらからする中
オンネトー到着。

大きな沼である。
そして美しい。
そして虫がたくさんいる。
パノラマ写真ではこのように見える。

このオンネトーは酸性らしく魚類は生息していないらしい。
いやー大自然って本当に素晴らしいですね。

オンネトーを出発し、道の駅『足寄』で遅い昼飯。

帯広地方は豚丼が有名なのだが、肉厚なのに柔らかくジューシー。

そして、たまたま居合わせた松山千春さんと記念撮影(嘘)
※注) 清野指導員ではありません。

ここ足寄町は松山千春さんの出身地。
数々の名曲はこの大自然があったから生まれたのかもしれません。

次なる宿は4年ぶりに訪問するグルメ自慢の宿。
前回はあまりにも量が多くて食べきれなかった。
はたして今回は完食できるのか?
つづく。
 


鳥獣戯画

 ブログをご覧の皆さま、こんにちは^^

本日も火曜日、水沢でございます。
学生さんたちの夏休みとともに、自動車学校は繁忙期。
ちょっとお疲れな今日このごろ、皆様いかがお過ごしでしょうか。
先日、個別送迎の運転手をしていると、ラジオから
の話題が流れてまいりました。
そういえば、最近ツイッターなんかで見るよね。アレ。
絵がウマイ人がいるのね、と思っていたら、
そんな便利なものがあるんですか。
ラピュタですね。
こんなのとか
こんなのとか。
こりゃあ、楽しそう。
時間ができたらやってみたいなぁ。
センスが問われるなぁw
ちなみに、鳥獣戯画作成キットは無料。太っ腹。

北海道ツーリング2015 ⑥

どーも、サイヒデです。
北海道ツーリング4日目の朝。
今朝は津別峠の雲海を見る予定にしていた。
朝4:30起床・・・外は霧雨(涙)

せっかく早起きしたから屈斜路湖周辺の野湯にでも入りますか。
と、雲海見物は諦めモードで朝ツーリングへ出発する。
しばらく走ると、雨が降っていたり、曇っていたり、と天候が不安定。
津別方面に行くと地面が乾いている。
・・・勝負をかけました。
これはひょっとすると見れるかも!?
そして、津別峠へ登り始め、霧の上に出る。
キター!!!

見事な雲海である。さっきの天気からは想像のできない景色。
来てよかったね。と、言うと若林指導員は無言でうなづくばかり。
いや~早起きするといいことあるな。としみじみ感じました。
その後、少しずつ晴れ間が出てきたので下山。

その後、屈斜路湖にある和琴半島の野湯を目指す。
・・・ありました。湖のキャンプ場わきに無料露天風呂が。

まだ、キャンプシーズン前ということで温泉の中は藻がたくさん。
湯につかっていると、地元のおじいちゃんが一言。
去年、あんたらのいる場所でよその爺さんが心臓発作で死んだんよ。
一同『・・・』
面白いおじいちゃんで色々話を聞かせていただきました。

そして、宿に戻りまた温泉につかる。
朝食をたらふく食べ終わると青空にかわる。

宿主に見送られながら森の中の宿を出発

今日は『裏摩周』を見るために摩周湖の周りを1週する。
最高の天気。そして風を切って走るの最高!

裏摩周湖到着。今日は快晴である。
片山指導員『ひょっこりひょうたん島みたいなとこに人がいます』
ここまで来ると、この会話に一同がスルーする。
オオカミ少年は孤立し始めた。

神秘の湖『摩周湖』
湖の底は200メートルくらいあるとか・・・
ここは写真では言い表せない美しさがあった。
またいつか・・・そう思いながら摩周湖を後にするのであった。
つづく。